インターネット製品の変更

長年ご利用頂きましたRepos-mini,Repos-CTLですが、この度、基本的にRepos-IoTに統一されることになりました。ご利用ありがとうございました。尚、導入をご検討頂いていた場合は、弊社までご相談下さい。

水用水位センサHLSのサイズ変更について(φ22→17.6mm)

水用水位センサについて
兼ねてより、希望の多かった揚水管VP20に入る太さのもので製作致しました。

現在、旧型HLS21-5(50mレンジ)の在庫が若干ありますが、なくなり次第
HLS21シリーズの販売を終了致します。

今後は、HLS18シリーズとなりますので、よろしくお願いします。

 

変更後 HLS18シリーズ φ17.6mm ※測定管VP20に挿入可

・5bar  (51m)レンジ     HLS18-5 +ケーブル60m付き(標準)

・10bar(102m)レンジ      HLS18-10 +ケーブル110m付き(標準)

記録計:HGRからHSD変更について

メガチェッカーの販売終了について

この度、メガの測定用に販売しておりましたメガチェッカーにつきまして
材料の一部調達が困難になり、供給が不可能となりました。

弊社といたしましても供給継続の方向性をいろいろ探りましたが、
やむを得ず、現在の在庫分完売をもちまして販売を終了させて頂くこととなりました。

お客様には多大なご迷惑をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。

ご不明な点などがございましたら、弊社までお問合せください。

 

<現在の在庫状態>

標準型          HMC-B  残8*

インバーター型  HMC-C  残3

*:年末までに追加で5台製作予定

 

 

 

水用水位センサHLSのサイズ変更について

現在ご利用いただいております水用水位センサ HLSシリーズのアンプ基板供給元の都合により、仕上がり外径φ17.3mmを維持することが難しい状況となってしまいました。

 

つきましては下記の通り2018年7月からの出荷は、仕上がり外径がφ21mmのサイズで当面の間対応させて頂きます。現在の物とは太さが違うだけで他の仕様は全く同じですので取り扱いに関しては特に変更はありません。

設置については測定管を使って挿入する場合はVP25のサイズでないと入りませんのでその点ご注意いただけたらと思います。

急なご連絡となり大変ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

 

変更前 HLSシリーズ φ17.3mm ※測定管VP20に挿入可

 

変更後 HLS21シリーズ φ21mm ※測定管VP25に挿入可

・50mレンジ HLS21-5 +ケーブル60m付き(標準)

・100mレンジ  HLS21-10 +ケーブル110m付き(標準)

 

なお、現在VP20の測定管を使って挿入している所や揚水管に固定されている現場の緊急対応として現行HLSセンサを在庫として確保してあります。

 

次期細型センサにつきましては開発中ですが発売時期については未定です。

 

新型アラーム通報システムのデモ機完成

昨年より開発を進めていました新型アラーム通報システムのデモ機が完成しました。

これは、左側:監視側(タブレット・スマホ等)右側:デバイス側(現場機器)の通信をシュミレートしたもので、双方向のアクションがほぼリアルタイムで確認出来るものです。具体的には、デバイス側に温/湿度センサを収納したBOXがあり、その温/湿度をタブレット画面に表示します。現在、約3秒のインターバルで表示していますが、ほぼリアルタイムに現場の変化をキャッチして表示しています。又、逆にタブレット画面からの指示にてデバイス側の3色のLEDを点滅させますが、これもほぼリアルタイムにて点滅します。

この様にデバイス側(現場)の運転状況をリアルタイムに監視して、状況を判断して管理者(タブレット・スマホ等)に伝えて、管理者はその情報を元にデバイス側に動作を指示する様な使い方が可能です。

このタブレット・スマホ側デバイス側との通信は、インターネット回線を使っていますが、IPアドレスを介する通常のインターネットとは違う閉域網を使用するので、セキュリティは万全です。

今後の開発が楽しみです。

 

新型アラーム通報システムについて

昨年より開発に取り組んでいた新型アラーム通報システムの仕様がほぼ固まり、デモ用機器も来週あたりには完成する予定です。

現行のシステムとは、コスト、通信速度、安定性、セキュリティ、適応範囲、使い勝手等の全て面において勝っています。

本新型システムは昨年あたりから本格的普及が始まったIOT (Internet Of Things)技術を使っており、これからの時代の標準的なプラットフォームになるものです。

当社のセンサ技術とIOT技術の組み合わせにより、低コストにて多様なアラーム通報が可能となります。

現在、試作中のアプリケーションとしては、豪雨アラームシステム、傾斜アラームシステム、及び河川用の洪水アラームシステムです。

地勢学的に見ても、日本は山と谷が多く、集中豪雨による斜面の崩落そして河川の洪水といった自然現像の連鎖による災害が多く発生しています。これらの連鎖の各ステップにて動作を早期にキャッチしてアラームを発行する事により、未然に災害を予防する事が可能となります。既に多くの予防システムの機器がありますが、当社は、より多くの場面にて使えるものを目指しています。

 

11月のイベント出展:中国地方に頑張って出展致します

11月はイベントが重なってしまいましたが、頑張って出展致します。

最初は、全国さく井協会の「いい井戸の日」で、勿論毎年同じ11/10です。

今年はちょっと遠いですが、広島まで2日掛かりで行ってまいります。

中国地方は今まで何度か営業で廻りましたが、訪問する機会が少ないので、普段顔をあわせることのない、多くの方々と会えるので、楽しみです。

デモ用機材も色々展示するので、是非、日高システムのブースにお立ち寄り下さい。

又、翌週の11/15~16は、中央温泉研究所の研修会があり、当社もブースを出展致します。

昨年の研修会ブースに立ち寄って頂いたお客様から注文を頂き、当社にとって、縁起の良い研修会なので、こちらも楽しみにしていますので、研修参加のお客様は、是非、お立ち寄り下さい。

ホームページ:より分かり易く見易くを心掛けて、リニューアルオープン!

懸案のH/Pリニューアルがやっと出来上がり、この度、リリースする事になりました。

今回のリニューアルは、内容を全面的に入れ替えて、より分かり易く、見易くを心掛けました。

又、初めての試みとして、ニュース&トピックス欄を設けて、ホットな情報もお届けしたいと思っています。

当社の製品は、温泉及び水井戸廻りの便利製品とうたっていますが、使用範囲が広がり、又、インターネット/無線を使った製品等、多岐に渡ってきたので、そのあたりの相関図も分かり易く作ってみました。

詳細については、各項目のニュース&トピックスを参照して下さい。

尚、最近は、違う分野の便利製品についても開発を進めており、その辺のニュースもお届けしたいと思っています。

ネット販売開始: 第一弾として、HRC(ヒダカ@リモコン)を選定しました

まだ、一部の製品ですが、ネット販売を始めます。

第一弾として、HRC(ヒダカ@リモコン)を選定しました。

HRCは、2014年に開発完了して、2015年から販売を開始しましたが、販売戦略の失敗から(と言うよりもそんなものはハナから無かったとのウワサも…)か、殆ど売れず、当時は、大量の在庫を見る度に落ち込んでいましたが、最近は、やっとそれに慣れてきたところです。今、また、思い直して「今度はちゃんと売っていこう!」などと、決意を新たにしたところです。まぁ、とにかくHRCを宜しく….。